情報通信総合研究所(ICR - InfoCom Research,Inc)は情報通信専門のシンクタンクです。

お問い合せ一覧

松原徳和

松原徳和(Matsubara Norikazu)
ソーシャルイノベーション研究部副主任研究員

領域:

  • 社会公共システム
  • 地方創生
  • メディア・コミュニケーション

大学卒業後、NTT、国土庁計画・調整局計画課調査員(現・国土交通省)を経て、社会公共分野のリサーチ・コンサルティングに長年従事。行政プランニング・マネジメント、地域情報化、電子投票、情報教育・モラル、防災、ユニバーサルデザイン、近年では、地方創生(人口推計、計画策定)、観光ビッグデータなど広範囲にわたりプロジェクトに参画している。また、「メディア」を人文社会学の側面から再定義するために、東京大学大学院情報学環教育部、学際情報学府で研究を行う。
なお、東洋大学経済学部総合政策学科非常勤講師として、「人工知能」の講義を担当予定(平成29年秋学期より)。

保有資格:

  • 修士(学際情報学)
  • 米国PMI認定 Project Management Professional

  • 認定NPO法人 日本グッド・トイ委員会 おもちゃコンサルタント

主な実績一覧

◎業務実績

  • 情報アクセシビリティ向上のための情報通信基盤整備計画のあり方調査(国土交通省)
  • 情報通信技術が生活環境に及ぼす影響に関する調査(国土交通省)
  • 地域における情報通信を活用した連携・交流促進方策検討調査(国土庁)
  • 地方公共団体における情報バリアフリーの取組促進に係る調査研究の請負(総務省)
  • 過疎地域における情報化推進施策に関する事例調査(総務省)
  • 地方公共団体における災害情報の伝達のあり方等に係る調査検討業務(総務省消防庁)
  • 青少年を取り巻く有害環境対策の推進 青少年の通信機器利用のあり方に関する調査研究(文部科学省)
  • 重要インフラ分野におけるIT依存度に関する調査(内閣サイバーセキュリティセンター)
  • 奥州市人口ビジョン・奥州市総合戦略策定支援
  • (仮称)北区人口ビジョン」作成に係る調査
  • 与那原町創生総合戦略・人口ビジョン策定に係る調査支援
  • コールセンター設立に伴う業務調査及びコンサルティング業務(足立区)
  • 大田区政策的広聴に関する調査
  • 観光ビッグデータを活用した来訪者分析調査(沖縄市)
  • 金沢市情報化計画アクションプラン策定調査
  • 戸田市第2次情報化推進計画(後期)策定支援

  • 市町村合併に伴う情報システムの在り方に関する調査研究 ((財)地方自治情報センター)
  • 地方公共団体におけるプロジェクトマネジメントの在り方に関する調査研究((財)地方自治情報センター)
  • 地方公共団体におけるICTを活用したCRMの導入方策に関する調査研究((財)地方自治情報センター)
  • 情報通信を活用した課金方式に関する技術的検討業務 ((財)道路新産業開発機構)

◎著書

  • 「青少年のケータイ・インターネット利用の状況」

    情報通信アウトルック 2013

  • 「『重要インフラ』と公共財としてのiDC」

    情報通信アウトルック 2008

  • 「自治体経営と情報化」

    情報通信アウトルック 2007

  • 「行政CRMの潮流」

    情報通信アウトルック 2005

  • 「電子投票――岡山県新見市での成功と今後の展開」
    「市町村合併――システム統合と6つの視点」

    情報通信アウトルック 2003

◎論文誌

> 松原徳和の論文誌を検索する(Google Scholar)

  • I研究レポート 子どもを取り巻くメディア環境とリテラシー

    InfoCom REVIEW 第62号 2014年,株式会社情報通信総合研究所

  • 研究レポート 市町村合併とシステム統合

    InfoCom REVIEW 第31号 2003年,株式会社情報通信総合研究所

事業・サービス

研究員紹介(一覧)