情報通信総合研究所(ICR - InfoCom Research,Inc)は情報通信専門のシンクタンクです。

お問い合せ一覧

  1. HOME
  2. オピニオン
  3. InfoCom REVIEW

InfoCom REVIEW

情報通信およびその周辺に関する論文集

InfoCom REVIEWの表紙イメージ情報通信に関する独創的な研究成果を公表しながら、今後の日本社会の発展に資することを目指し、年2回、執筆者独自の知見や提言を含む研究論文を発行しております。

発行頻度:年3回(但し2015年は7月/2016年以降は1月、7月予定)
サイズ :A4縦

 

論文の社外募集について
第69号・第70号に掲載する論文を募集いたします。
募集時期および締切、投稿要項等はこちら

目次

>サンプル見る(第68号の研究レポートより)

第68号(2017年1月31日発行)の掲載論文

論文

  • 隣接プラットフォーム製品のドミナント化に対抗する補完業者の戦略に関する考察
     ─先行研究の整理とドミナント化阻止のメカニズム─(加藤和彦、宮元万菜美)
  • コード及びそれに基づく機械的生成物に対する「表現の自由」の保障の射程
     ─データの言論性をめぐる米国法上の議論を手がかりとして─(海野敦史)
  • 公共図書館の貸出と販売との関係(浅井澄子)

研究レポート

  • 平成28 年熊本地震におけるWi-Fi利用の現状─アンケート調査結果から─(三浦大典)

研究ノート

  • Do mobile phones improve per-capita income? Granger causality test based on cross-country dataset(Akihiko Shinozaki, Kunio Urakawa)

第67号(2016年7月31日発行)の掲載論文

第66号(2016年1月31日発行)の掲載論文

第65号(2015年7月31日発行)の掲載論文、研究レポート

> バックナンバーはこちら

掲載論文の社外募集について

InfoCom REVIEWでは、皆さまからの論文を募集しております。

  • 情報通信に関するものであれば、ご自身で自由にテーマを設定して頂けます。
  • 上記テーマについて書かれた論文(未発表もの、15,000~20,000字)
  • 日本語を原則としますが、英語でも結構です。

> 募集時期および締切、投稿要項等はこちら

購読方法について

本論文誌は、NTT出版(株)より購入できます。※1
(NTT出版の「InfoCom REVIEW」紹介ページはこちら)

(概要)

発行頻度年3回(但し2015年は7月/2016年以降は1月、7月予定)
サイズA4縦
定価 本体1,000円+税 ※2
編集・発行 情報通信総合研究所
発売 NTT出版

※1 直近(1年以内に発行)号以前のものは、弊社書籍販売窓口へお問い合わせください。

※2 消費税は、消費税法に定められた税率により計算いたします。

InfoCom REVIEW

株式会社情報通信総合研究所
情報サービス部 書籍販売窓口